hidostudio

3Dプリンターが来ました!

2019.07.03

3dp01

3Dプリンターが来ました!

紆余曲折いろいろあって、他力に助けられながら、なんとかテストデータを出力することができました。

まさかの「スティックのり」が、超重要アイテム。
これから3Dを始める人は、主成分PVPのスティックのり必須ですよ!

オレンジの魚の骨がクニクニ動く、この初成功アイテム
欲しい人にプレゼント(笑)3dp04

さて、ここから詳細なお話し。

オークションで新品購入したのだけど、どうやら新品ではなかったようで、いろんなものが欠けていた。

付属品がいくつか足りなかった。そもそも、付属品がむき出しでバラバラと入ってた。
SDカードはケースから飛び出ており、アダプターにヒビ割れと曲がり、ケースも破損していた。
本体の凹みが数カ所、塗装剥がれもあった。
フィラメントを通すチューブが曲がっていて、通らなかった(無理やり通したが)
何かわからないプラスチックの破片が入ってた。。。のは、まあいい。

新品未開封とのことだったが、明らかにテーブルが取り付けられていて後がついていたし、
付属品も全部開封されていて、コードも束ねられていなかったし、
新品というのはちょっと無理があるという状態でした。

大量に同じ商品を仕入れたと言っていたので、全部の箱を開けて確認していなかったのだと思う。
ただ、新品でちゃんと届いている人もいるので、悪気はないのでしょうが。
「新品未開封」と書いてあると、今後はちょっと躊躇するかも。
たとえノークレームでも、状態が違ったり欠品するのはだめじゃないかなぁ。

その中でも、マニュアルが入ったSDカードが破損してたのが一番痛かった。
(別のアダプターに入れて読み込もうとしたら、高熱が出てあやうく火傷するとこだった。指先がつるつるになったよ!)

SDカードの中身をメーカーから取り寄せようとしたけど、英語でのやりとり(なつい)で、返事はすぐくれるものの、なかなか意思疎通がままならず、困っていたのだが、
同じ機種を持っている優しい人から、データを送ってもらった上、使い方もいろいろ教えてもらった。

ホネホネが出力されるまでの道のり

USBでデータが転送できない

Macだと繋がりもしない印象。
Windowsは認識はしているが、プリンターは動かず。ソフトの画面で一時停止をして再開すると、パソコン上の時間表示だけが動いた感じになり、最後には、残り時間がマイナス表示になった。。。
プリンタ本体で先にノズルの温度をあげていたので、それが悪かったのかもしれないが、USB接続機器のエラーも出ていたので、いろいろと問題があるかんじだ。
Curaというスライサーソフトを使う(これも教えてもらった)のだが、古いバージョンも念のため試したけど、状態は変わらなかった。

SDカードから出力

USBが繋がらないので、カードから直接プリントを試みる。
問題なくすぐにプリンタが動き出した。3dp03

途中でダマができて、ひっかかる

3dp05
出力の途中で、ダマのようなものができて、そこにノズルの先がひっかかってしまった。
でてきた部分が、反り返った感じになって浮いてくるのが原因。

スティックのりが大活躍

3dp2
そこで、台の上に、あらかじめスティックのりを塗って貼っておくのだそうだ。
手持ちのスティックのりを塗ってみたが、2回失敗をしたので、新しいのを買ってやってみたらうまくいった。
スティックのりの成分で左右されるらしい。(まあ30年前に使ってたノリだから。。。)

おすすめスティックのり →トンボ 消えいろピット

とりあえず、やっと!(◎_◎;)

ネコ御殿の人に多謝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください