VR

vr01

なにかと話題のVR。
ダンボール(ハコスコ的な)で作るのは組み立てが大変そうなので、プラスチック製の完成品を購入してみることにした。

単にスマホの画面を覗いているだけなのだが、実際に体験してみると想像をはるかに超える凄さだった。本当にその世界に入ってしまうような感じで、上を見ると青空、下を見ると地面が見える。遠近感も目で見ているのと同じなので、鉄橋から川を見下ろしたときにはクラクラ目が回った。

vr02

動画はYouTubeにたくさんあって、VR対応の動画には専用のボタンが表示される。そのアイコンをクリックすると両眼用の2画面に切り替わる仕組みになっていた。

まあ実際には「すげー!」と思える動画はわりと少ない。あと画質は4Kじゃないと汚くて見ていられない。スマホも熱くなる。動画を変えるたびにいちいちスマホを取り出すのが面倒など、気になることはいくつかあるが2,000円もしないおもちゃなので気にしてはいけない(半日遊んでたし)。

vr03

タヒチに旅行中。

ココナッツを使った料理の説明を聞いている(受け取ろうとしている?)ところ。うしろではウクレレ(?)を演奏してくれてる人もいるはず。足もとの海には魚が泳いでいる。

 

kuri01

本日の3時のおやつは渋皮煮。会社の庭で収穫したものだ。

kuri02

会社の庭には、栗の木が2本。
社長が名古屋から戻ってきた無職時代の30歳前に植えた。

kuri03

今年は生り年なので、豊作。大きな実だ。
台風で落ちてしまうかヒヤヒヤだったが、毎日15個ぐらい収穫中。

IMG_1690

同時に植えた柿の木のほうは、さっぱりであったが、
今年は青い実が10個ぐらいは見えてるっぽい。
熟したら食べられるかもしれない。(猿が食べなければ)

出来のいいとこ選んでとったインスタ写真(^^)

X-MENアポカリプスをみた

xmen

シリーズものなので、つい観てしまうX-MEN。

人にはおすすめできない内容だったが、僕は満足でした。

原作はスーパーマンやバットマンほどメジャーではないアメコミのシリーズ。
特殊な能力を持つミュータントたちが敵味方に分かれて
目から光線を出したり、嵐を起こしたりして戦います。

そもそもX-MENのシリーズは、何でもありの超人合戦なのでリアリティーがない。
斬られても撃たれても死なないキャラクターが主役だったりします。
だから、面白く作るのがとても難しい映画です。
今までのシリーズがそれなりに面白かったのは奇跡的なこと。
今作はまあ、だから普通です。

アポカリプスは常に違和感(作りものっぽい)を感じさせる存在でした。
砂漠の岩場のようなところで決めポーズをとる敵のコスプレ集団は
あまりにも変な格好で、観ていて現実に引き戻されてしまいます。
悲しそうな顔で一緒にいるマグニートーも可哀想だった。

ストーリーもちょっとよくわからない感じでしたが、
まあ若いストームや、ハゲになるプロフェッサー、想定より可愛くないジーン、
雪山に飛び出していくあの人。高速移動の大活躍など、
そういうものが見れただけで満足。

ちなみに映画館は、ほかのお客さんがいない、完全な貸切状態でした。
スタッフは3人?
ずっとこんな感じのはずなのでちょっと心配です。

打ち合わせ用テーブルを作った

いままでは普通のソファー用テーブルだったので、パソコンや書類を広げて打ち合わせするには使いにくかった。

ということで自作しました。

ファミレスのテーブルや、細野晴臣さんのスタジオ、いまどきよくあるカフェのイメージです。

塗装前の打ち合わせ机
木の枠に天板を乗せてあるだけ。力をかけるとすぐ倒れます。けっこう長いあいだこの状態でご迷惑をおかけしました。

完成した打ち合わせ机
ほぼ完成しているが、天板の固定方法がまだ検討中なのでただ乗せてあるだけ。
端っこにもたれないでください。

照明をLED化

LED蛍光筒

仕事場の照明をすべてLEDに入れ替えました。

思い返せば2年前、安定器からジージー不吉な音がするというのでLEDに入れ替えたのですが、そのときはお金がなく、たった一列しか変えられず、普段(お客様が来られないとき)は、なるべく蛍光灯の照明は点けないようにしてしのいでいました。

今年ようやくすべての照明をLED化することができました。
これもひとえに皆様方のご支援ご指導ご愛顧の賜物と深く感謝する次第でございます。

とはいっても、すべての照明を点けると、今度はちょっと眩しすぎて目がくらむので、結局はいままで通り、普段は一部しか点けてなかったりするのですが(^^;)

水洗トイレができました

水洗トイレになった

会社のトイレが水洗になりました。

今までは屋外の汲み取り式。なおかつ、電気も通していなかったので、夜は懐中電灯が必要な環境でした。
お客さんに行ってもらいにくいので、とても心苦しかったのです。

新しいトイレは屋内で、ウォッシュレットもつきました。
これでやっとまともな仕事場の環境に近づけたなぁと安堵しました。(ナガハマ)

とは言っても、汲み取りトイレで生活したことがない私には、あんまりピンとこない話。むしろ、水を流さなくていいのは心が楽だと思ってたし。

NHKに出演決定「藤本チカコ 電撃結婚への道」

以前のブログで紹介していた藤本チカコ 電撃結婚への道
このたび本人とご主人が、NHKのドラクロワに出演することになりました。再現ドラマもあるらしいです。

放送は9/7(金)22:55〜

ドラクロワ = ドラマティックな苦労話 だそうなのです。
予告ビデオで「40歳で人生の逆転ホームランを打った女性のストーリー」と紹介されていますが、自らをネタに書き綴った山あり谷ありどん底のあの部分が、どんな再現ドラマにされているのか、非常に興味深いところです。
ご主人は本人役に「江口洋介」を指名。予算オーバーであえなく却下となったらしい。

本人の身体を貼って笑わせるネタのような苦労話ですが実話です。ハッピーエンドなのでマンガも合わせてぜひ安心してごらんください。

・NHKドラクロワ
http://www.nhk.or.jp/dorakurowa/
・実録エッセイマンガはAmazonで発売中