パソコンではなく、クロームブック

cbook

最近、GoogleとかAmazonが、なんというか、世界征服、とでも表現したくなるような方向に、動き始めた(最近まではわざと止まっていた)ような気(印象)がしている。

GoogleでもAmazonでもAppleでも(Appleはもともと征服欲を隠していない)、とにかく、どれかに魂を売ってしまいさえすれば、ビジネスに必要なすべてと、家庭で楽しむ娯楽のすべてを与えてくれる、という方向。もともとインターネットは、カウンターカルチャーだと信じていた世代には、寂しいような、悲しいような、複雑な気持ちがある。

ということで、写真は我が家でも愛用して(しまって)いるクロームブック。
クロームブックというのは、Chromeブラウザを使ってGmailやGoogleドライブなどを使うもので、基本的にはブラウザしか入ってない。それでもYouTubeが見れ、Facebookや、Twitterが見れ、ブログも更新できるし、写真も取り込めるし、スケジュール管理や、文書作成もできるので、CGとか音楽とか、ややこしいものを作るのでなければ、必要にして十分な機能だ。

この機種は、ASUS Chromebook Flip C100PA。
もうちょっと安かったような気もしますが(わからんけど)、Amazonで買った。

15インチのMacBook Proにくらべて圧倒的に軽く、へその上に乗せて、寝転びながら気軽に使える(iPadより気軽)。
MacBook Proは、やっぱ高かったし。いろいろ入ってて、大事大事なもの。それに比べてこのクロームブックの、安っぽい感じ。気軽な感じ。そのまま寝てしまってバキッと壊れてしまっても、中身はぜんぶネット上にあるので、次の日に新しいものを買ってくれば、すぐそのまま使い続けられるという安心感。

もうちょっと細かいことも書いておく。

○よく謳われている「起動の速さ」は、MacもiPadも早いのでそれほど感じない。かえってGoogleのパスワードを、フルで入れてるので時間がかかるくらい。○この機種はモニタ部分をくるんと回すとタブレットのようにも使えるが、そのおかげでモニタがタッチスクリーンになっていて、これがたまに便利。タッチパネルでカーソルを移動するより楽なときがある。これは意外だった。(タブレット形状にしたことはない)◯常に勝手に最新の環境っていうのが気分いい。○不満として、もう慣れたけど、Enterキーがやたらと小さい。◯電源コードはちょっと差し込みづらい◯電池はよくもつ◯アカウントを切り替えて家族で使える。◯我が家のクロームブックは子供のおもちゃになっている感じもするが、スマホや普通のパソコンを触らせるよりも安心。

まあそんな感じ。

VR

vr01

なにかと話題のVR。
ダンボール(ハコスコ的な)で作るのは組み立てが大変そうなので、プラスチック製の完成品を購入してみることにした。

単にスマホの画面を覗いているだけなのだが、実際に体験してみると想像をはるかに超える凄さだった。本当にその世界に入ってしまうような感じで、上を見ると青空、下を見ると地面が見える。遠近感も目で見ているのと同じなので、鉄橋から川を見下ろしたときにはクラクラ目が回った。

vr02

動画はYouTubeにたくさんあって、VR対応の動画には専用のボタンが表示される。そのアイコンをクリックすると両眼用の2画面に切り替わる仕組みになっていた。

まあ実際には「すげー!」と思える動画はわりと少ない。あと画質は4Kじゃないと汚くて見ていられない。スマホも熱くなる。動画を変えるたびにいちいちスマホを取り出すのが面倒など、気になることはいくつかあるが2,000円もしないおもちゃなので気にしてはいけない(半日遊んでたし)。

vr03

タヒチに旅行中。

ココナッツを使った料理の説明を聞いている(受け取ろうとしている?)ところ。うしろではウクレレ(?)を演奏してくれてる人もいるはず。足もとの海には魚が泳いでいる。

 

X-MENアポカリプスをみた

xmen

シリーズものなので、つい観てしまうX-MEN。

人にはおすすめできない内容だったが、僕は満足でした。

原作はスーパーマンやバットマンほどメジャーではないアメコミのシリーズ。
特殊な能力を持つミュータントたちが敵味方に分かれて
目から光線を出したり、嵐を起こしたりして戦います。

そもそもX-MENのシリーズは、何でもありの超人合戦なのでリアリティーがない。
斬られても撃たれても死なないキャラクターが主役だったりします。
だから、面白く作るのがとても難しい映画です。
今までのシリーズがそれなりに面白かったのは奇跡的なこと。
今作はまあ、だから普通です。

アポカリプスは常に違和感(作りものっぽい)を感じさせる存在でした。
砂漠の岩場のようなところで決めポーズをとる敵のコスプレ集団は
あまりにも変な格好で、観ていて現実に引き戻されてしまいます。
悲しそうな顔で一緒にいるマグニートーも可哀想だった。

ストーリーもちょっとよくわからない感じでしたが、
まあ若いストームや、ハゲになるプロフェッサー、想定より可愛くないジーン、
雪山に飛び出していくあの人。高速移動の大活躍など、
そういうものが見れただけで満足。

ちなみに映画館は、ほかのお客さんがいない、完全な貸切状態でした。
スタッフは3人?
ずっとこんな感じのはずなのでちょっと心配です。